災害時を考える

 

こんにちは。

日本は災害が多い国なので、災害時に飼っているペットをどうするのか?

特にウサギについて書いていきたいと思います。

 

 

心配ではあるが、どうすれば良いかわからない。

備えておかなくちゃなぁ〜って感じで、考えてはいるけど何も準備していない。

そんな方が多いのではないでしょうか?

 

 

多くを準備しておくのは難しいと思うので、最低限だけ準備しておきましょう。

 

 

災害時に必要なものは?

1.お薬

2.普段食べているご飯。チモシーやペレット、おやつなど

3.お水

4.ケージまたはキャリーケース

5.ペットシーツ

6.ペットを連れて行ける避難所の把握

上記6点は最低限必要だと思います。

 

 

では1つずつ考えていきましょう。

1.お薬

普段から処方されているお薬は必須です。

 

2.ご飯

普段食べているご飯を1週間分程度、多めにストックしておくと安心です。

もちろん、おうちの収納スペースも考えて、無理のない量で良いと思います。

 

3.お水

お水は、人間が飲むお水を少し分けてあげる事で解消出来るので、お水はご自身用の準備をしておけば、問題ありません。

 

4.ケージまたはキャリーケース

ケージまたはキャリーケースは、家から離れて避難所などに避難しないといけない場合もあるので、少し大きめのキャリーケースがあると良いですね。

 

5.ペットシーツ

本来であれば、お掃除道具一式欲しいところではありますが、重さなども考慮すると、ペットシーツだけあればなんとか凌げると思います。

新聞紙なんかもあると重宝します。

 

6.避難所

飼い主さんとペットが一緒に過ごす「同伴避難」ができる避難所は、限られています。

多くの場合が「同行避難」のため、飼い主さんとペットは別の場所で過ごすことになります。

各避難所でのルールに従い、時には飼い主さん同士が協力し合いながら、責任をもってペットの世話をしましょう。

 

各自治体によって対応が違うので、調べておくと良いでしょう。

 

私も最近まで知らなかったのですが、災害時に預かってくれるボランティアさんがいます。

私は動物関係のお仕事をしているので、少しでもお役に立てるように、『被災動物ボランティア』に登録しました。

 

 

備えておけば、助かることもあると思います。この機会に、ペット用災害時避難袋を作ってみてはいかがですか?

 

万が一に備えて、楽しいウサギライフをお過ごし下さい。

それでは、、、